激安格安な自動車整備工場を探す

格安車検

車検の検査項目の基本的な点検9項目

更新日:

車検を受けるときにどんな項目をしたらいいか気になりませんか。

基本的な点検9項目です。

1車検書に記載されている自動車の製造番号と車体の製造番号が一致しているか確認をします。

2透過類の確認をする。
ヘッドライトやバックランプなど電球などが切れていないか確認を行います。
視界を確保するや周囲に存在を知らせる道具なので点検は重要です。

スピードメーターの確認を行います。

3スピードメータ-がしっかり動作しているか確認を行います。
現状スピードで走行している確認するためには重要な計測機です。

4オイル漏れの点検する
エンジンオイルなど経年劣化で10年越えると交換が必要になる部品です。
オイル漏れがある場合は車検が通過しません。

5ブレーキの動作確認
ブレーキが効かないと車が止まりません。制動力の確認を行います。
安全を守るため10年1度は再整備を受けることをオススメします。

6タイヤの溝残量確認
原則1.6mm以上残っていないと車検は通過しません。タイヤにヒビなどがある場合は交換をオススメします。

7ヘッドライトの光軸調整
ヘッドライトの光軸と光量を測定して判断します。ユーザー車検など
1番落とされる部分です。近くの自動車工場で確認してもらうことを
オススメします。

8排気ガス検査
ディーゼル車など排ガス規制があり確認する必要があります。

9サイドスリップ検査
車がまっすぐ走るための検査です。運転していて斜めに走り出したら
大変です。

車検にかかる費用を1円でも安くしたいなら

車検はディーラー以外でもできます。車検の一括見積もりで車検費用がディーラーと比べてコミコミ107,250円⇒79,494円27,756円も安くなりました。

なんとなく安心というだけでディーラー車検はもったいないです。プロの整備士による点検、法廷24ヶ月点検付きのお店ばかりで安心です。

 

自動車保険料は一括見積もりしないと損する理由

自動車保険は同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。実際に一括見積りを利用すると、保険料が104,930円⇒72,320円32,610円も安くなりました。毎年これだけ損していたなんてゾッとします。

保険スクエアbang!なら、最大19社の一括見積もりができます。

5分ほどの入力で終わります。

 

車検の前に念のため車査定をしておくメリット

以前プリウスを車検に出す時にふといくらで売れるんだろうと気になりました。

車検費用10万円を払うのがもったいないので乗り換えできないかなと思ったからです。

思い切って車査定すると高く売れることがわかりました。車検費用分の手出しで乗り換えに成功しました。

実際に売らなくてもいくらで売れるか知っておけば損しなくてすみます。

このとき複数の車買取会社に査定を依頼してみると、一番高い会社はディーラーの下取りより査定額が168,000円も高かったです。

一括見積もりサービスのかんたん車査定ガイドでは、最大で10社の一括査定が可能です。

たった45秒で、高く売れる買取店がわかります。

 

-車検の基礎知識

Copyright© 格安車検 , 2021 All Rights Reserved.